TOP ニュース一覧 【12月11日開催】国際シンポジウムのお知らせ

ニュース

イベント2021.10.21

【12月11日開催】国際シンポジウムのお知らせ

2021年12月11日(土)に
『東アジアDH研究の推進とそのための環境の構築
-次世代の東アジア文化交渉学のために-』
を開催致します。

2017年以来、関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)は、
関西大学デジタルアーカイブを構築し、これを中心に、東アジア文化交渉学における
デジタルヒューマニティーズ(DH)の発展とその発信のための活動を続けてまいりました。
KU-ORCASの最後の本国際シンポジウムでは、東アジアにおけるDH研究と
その環境について現状と課題を共有します。
そして、参加者との議論を通じて、次世代の東アジアDH研究にとって
何が必要なのかを考える機会とすべく開催いたします。

【日時】2021年12月11日(土) 18:00〜21:00 (17:30入室開始)
【場所】Zoomでのオンライン開催のみ
※事前予約必須 2021年12月10日(金)までに申し込まれた方にZoom URLをお送りいたします。
※シンポジウムの使用言語は英語となります。
【参加申し込みURL】

国際シンポジウムの申し込みフォーム
個人情報につきましては、本学個人情報管理規程に則り適正に管理し、今後のお知らせに使用させて頂きます。

【プログラム】

18:00~18:05(JST) Dr. Shen Guowei (沈国威:関西大学 教授 KU-ORCAS)
Opening Remarks

18:05~18:35 Sun Hongyuan(孫紅苑:山東大学 博士研究員)
On the potential contributions of Global Integration of Chinese Ancient Books to Chinese studies worldwide

18:35~19:05  Dr. Tsui Lik Hang (徐力恆:香港城市大学歴史学科 助教授)
Digital Humanities for Chinese Studies: The International and the Local

19:05~19:35  Dr. Simon Mahony (サイモン・マホニー:北京師範大学珠海校 教授)
A Western perspective on DH research in East Asia and the challenges for cooperation and collaboration

19:35~19:45
— break —

19:45~20:15  Dr. Kayoko Okumura (奥村佳代子:関西大学 教授 KU-ORCAS)
Open-access platform of KU-ORCAS, Past, present and future

20:15~21:00  Moderator: Dr. Keiichi Uchida (内田慶市:関西大学 名誉教授)
Q & A Session

21:00  Dr. Takao Fujita (藤田高夫:関西大学 教授 KU-ORCAS)
Closing

【参加申し込みURL】

国際シンポジウムの申し込みフォーム
個人情報につきましては、本学個人情報管理規程に則り適正に管理し、今後のお知らせに使用させて頂きます。

 


 


Constructing & Promoting for the East Asian DH Research Environment:
For the Next Generation of East Asian DH Studies

 The Kansai University Open Research Center for Asian Studies (KU-ORCAS) has been working to develop
and disseminate digital humanities research and practices in East Asian Cultural Interaction Studies by
constructing the Kansai University Digital Archives.
 In this final international symposium of KU-ORCAS, we will share the current status and issues of
DH research and its environment in East Asia. Through discussions with participants, we hope to consider
what is necessary for the next generation of East Asian DH Studies.

− Programme −

・18:00~18:05(JST) Dr. Shen Guowei (Kansai University KU-ORCAS)
Opening Remarks

・18:05~18:35 Sun Hongyuan (Shandong University)
On the potential contributions of Global Integration of
Chinese Ancient Books to Chinese studies worldwide

・18:35~19:05 Dr. Tsui Lik Hang (City University of Hong Kong)
Digital Humanities for Chinese Studies:
The International and the Local

・19:05~19:35 Dr. Simon Mahony (Beijing Normal University at Zhuhai)
A Western perspective on DH research in East Asia and
the challenges for cooperation and collaboration

・19:35~19:45
——(Break)——

・19:45~20:15 Dr. Kayoko Okumura (Kansai University KU-ORCAS)
Open-access platform of KU-ORCAS,
Past, present and future

・20:15~21:00 Moderator: Dr. Keiichi Uchida (Kansai University KU-ORCAS)
Q & A Session

・21:00 Dr. Takao Fujita (Kansai University KU-ORCAS)
Closing

【Date and Time】Saturday, December 11, 2021, 6:00 p.m. – 9:00 p.m.(JST)
【Online Format】Zoom Meetings
【Conference Language】English
【Contact】Kansai University Research Institute Administration Group
E-mail:ku-orcas@ml.kandai.jp

Application Form

 


 

■ KU-ORCAS OFFICIAL SNS

▶︎Twitter▷ https://twitter.com/KU_orcas
▶︎facebook▷ https://www.facebook.com/kuorcas/
▶︎Instagram▷ https://www.instagram.com/ku_orcas/
▶︎YouTube▷ https://www.youtube.com/channel/UC18CPRkeLhPxBP-E851S-Ww/videos